ゴルフ肘

ゴルフ肘

上腕骨内側上顆炎といい、肘の内側に痛みがでるのが特徴です。

ゴルフをやっている人に多いことからこの名前がついていますが、ゴルフをやっている人すべてにおこるわけではありません。スイングや身体の使い方が関係してきます。

 

スイングの際に腕に力が入り過ぎているとゴルフ肘になる可能性が高くなってしまいます。

また肘だけでなく、手首や親指を痛めてしまう方も多いでしょう。

腕に力が入り過ぎてしまう人は肩甲骨の動きが悪くなっているのかもしれません。

肩甲骨の動きが悪いと身体の回旋の動きも悪くなります。

身体が回りづらくなるということです。

回旋の動きがわるければ腰にも負担がかかりますので注意が必要です。

 

ゴルフ肘になったら

ゴルフ肘になってしまったら、まずはアイシングをしっかりやりましょう。

そして内側上顆に付着している前腕の筋肉の柔軟性を回復させなければなりません。

内側上顆炎の場合は肘を伸ばし、手首を手の甲のほうに折り曲げ、親指を地面のほうに向けていきます。